兵庫県加古川市の美容外科サカネクリニック

日本における、最先端の美容医療を提供しています

メインイメージ
TOPページ» 修の思い» 生きがいについて

生きがいについて

私は最近、毎朝起きた時に自分にとって、社会にとって、周囲の人々にとって
私の存在がプラスになっているのか、ゼロなのか、 マイナスなのかを考える。
まず自分に対して考えてみよう。
毎朝起きた時の自分の肉体は全身がけだるい。
頭はスッキリしない。
毎日の雑用をもくもくとこなし、その日の目標をたて、多くの患者さんを診察し、
身体はくたくたになり、はやく12時の午前診の終了時間にならないか、
壁の前の時計を横目でみている。
この状態を分析すると私にとって生きていることは、マイナス90点である。
精神的喜び、感動を心にうけるか。早期癌の患者をCT、胃、大腸内視鏡で
発見した時は医者として誇らしく思う。
患者さんや従業員のいう

「先生、頑張りすぎて身体をこわさないように気をつけてくださいね。」

と言う一言に私の心は感動で涙する。
診察室のBGMでいやしの音楽、ジャズやチェロの音をきいていると、
胎児が子宮の中でプカプカ浮いているようなやすらぎを心に感じる。
魂が震えるような美しい女性に逢った時は本当に生きていてよかったと感じる。
最近では私の病院の屋上で虹がほぼ半円形にくっきりと形をつくり七色がはっきり見えた。
嗚呼これも今生きているから、出会えたのだと感動した。
1年前からテレビレントゲンで撮影するとすぐに診察室のディスプレイに写しだされる。
CTの撮影では20画像なら5分位で終了し、すぐにディスプレイに写しだされる。
このシステムに出会った時、私は今世紀最大の医療革命だと思って感動した。
内視鏡の口径は咽頭喉頭なら3.5ミリ、胃で5.8ミリ、大腸で9.5ミリと
極めて細いファイバースコープができ、大きなディスプレイに検査中の像が写しだされ、
その画像の印刷は即座にできる。
この体験も私が今生きているからできることである。
さらに3次元CT,MRIによる検査は驚くほど進歩した。
いぜんそれらを体験するためには、肉体的に生存していなければならない。
以上のことを考えると自分の心に対しての生きがいは100点満点でプラス50点位だと思う。
このように検査も治療も進歩しているにもかかわらず、
患者さんの心の病いはどんどんふえているように思える。
一人でさびしく生活している老人、自分の子供の家族と同居しているが、
会話がなくさびしい思いの老人、長生きする人々がふえ、癌にかかりその痛みに苦しんでいる老人、
骨そしょう症のため全身の関節が痛みくるしんでいる老人、
うつ病や半身まひでくるしんでいる老人。
毎日毎日鎮痛剤を投与し、リハビリや神経ブロックをつづけるも一向に改善しない。
私の治療行為のむなしさ。
患者さん達に少しでも喜びを与えているのか。
私自身に対しての生きがい指数は肉体的にはマイナス90点、
精神的にプラス50点、さしひきはマイナス40点である。
私が生きていることは苦しいだけだと言う事になる。
次に社会に対して考えてみる。患者さんを診察し、
従業員を雇用する事によって喜んでいる考えるとプラス60点。
逆に社会に対して私が損害を与えていないか。
私の診療行為の誤診によって、誤った治療をし患者さんを悲しませていないか。
病院の従業員に対して思いやりをもって接しているか。
待遇は十分改善されているか。近所の人々に役にたっているのか。
迷惑をかけていないか。
それらの評価を私自身がするのはむずかしい。
きびしく見て、マイナス10点と考える。
さしひきして、プラス60点ひくマイナス10点でプラス50点となる。
私の家族親戚の人々にたいしては、プラスマイナスゼロと考えるのが妥当だと思う。
私自身に対して、社会に対して、家族親戚に対しての総計をだす。
マイナス40点たす、プラス50点たす、プラスゼロ点でプラス10点となる。
現時点では私の生きがいはプラス10点である。
評価としてはわずかにプラスの生きがいをもって私は今いきているのである。
今後の目標として、患者さん、従業員、周囲の人々にもっと思いやりを持ち、
温かく接するように努力し、すばらしい人々に出会い感動し、すばらしい音楽、
映画、景色、季節の変化に鋭く感性を磨き、さらにさらに感動を求めて生きて生きたい。
美しい山、美しい川、美しい森、美しい音楽、美しい絵画、美しい姿、美しい言葉、
美しいいぐさ、美しい気持ち、美しい涙、美しい心、ささやかな美しさに感動したいのです。
そのような敏感な繊細な魂をそだてるために私は生きていきたい。
外的内的に美しいものに出会い感動し、その心のふるえに共鳴してくれる
パートナーをもつことが私の生きがいである。

最上段へ
Copyright© 2013 sakane-clinic All Rights Reserved.