兵庫県加古川市の美容外科サカネクリニック

日本における、最先端の美容医療を提供しています

メインイメージ
TOPページ»診察内容» 過去の相談事例» 性同一性障害

性同一性障害

4月から大学4年の現在戸籍上では女性です。 また、生活においても女性として過ごしていますが、とても苦痛です。 そして、来年からは就職し、社会に出ていくということで、望む性(男性)で就職をしたいと考えています。 そのためにも診断書が必要となってくるのですが、サカネクリニックさんでは、ホルモン注射しかできないようですが、岡山のほうで診断書を取得できるように紹介してくださると記載されていたのを見て、今回メールを送らせていただきました。 岡山の紹介された病院であれば、どのくらいの期間で診断書を取得できるのでしょうか。 (21歳・女性)

性同一障害の治療には段階があります。 自分が男性になりたいと思ってホルモン注射をする場合は診断は不要です。当院男性ホルモン注射は 1~2週間に 1度筋注します。当院で1回5,000円でやっております。 子宮・卵巣を摘出したいと希望する場合は、予約をとって岡大の精神科で診断書が必要になります。 子宮・卵巣を摘出したあと、岡大の診断書を持って家裁で戸籍の変更を申請します。 流れは以上のようになりますので、男性ホルモンの注射は予約なしで当院でいたします。

この相談が属するカテゴリー

他のお悩み相談へ移動
最上段へ
Copyright© 2013 sakane-clinic All Rights Reserved.