兵庫県加古川市の美容外科サカネクリニック

日本における、最先端の美容医療を提供しています

メインイメージ
TOPページ»診察内容» 過去の相談事例» 腕の傷跡の治療について

腕の傷跡の治療について

以前に腕の傷痕を診てもらった者なんですが、こんな時間でメールなんですが。
右腕の傷を1本線にするのって、1本線の傷痕は3センチ4センチくらいの白っぽい
少しひきつれたような直線の傷痕になるのですか?(20歳・女性)
傷跡のところを皮膚ごと切除してその皮膚同士をよせて縫合します。
一番の問題点はどれほど余裕をもって皮膚同士がよせれるか、です。
つっぱる場合は1本の線が1~2ミリ位に少しはばのある1本線になる可能性があります。
傷は1~2ヶ月は赤みのある線になります。その後日数とともに白くなっていきます。
不安がある場合は月曜日にもう1度診察にきていただき、くわしい説明を聞いたうえで
検討された方がいいと思います。

この相談が属するカテゴリー

他のお悩み相談へ移動
最上段へ
Copyright© 2013 sakane-clinic All Rights Reserved.