兵庫県加古川市の美容外科サカネクリニック

日本における、最先端の美容医療を提供しています

メインイメージ
TOPページ»診察内容» 過去の相談事例» 薬品による炎症の色素沈着

薬品による炎症の色素沈着

ネットで見つけました。顔(両頬を中心に)が色素沈着してしまいました。
当初は楽観視していましたがなかなか正常な皮膚の色に戻ってきません。
原因は、今年の3月から5月にかけ薬品による薬焼が主で、アトピー性
皮膚炎も色素沈着を助長しているみたいです。夏の日焼けもあるかもしれません。
ちなみに薬品は、沸騰したキシレン、アルキル化剤です。
なんとかならないでしょうか?よろしくお願いします。(32歳・男性)
化学薬品による色素沈着だとおもいます。
まずはアトピーの治療と同じように飲み薬と塗り薬を使います。
その後症状が安定している時は美容外科的治療ケミカルピーリング、
スーパーフォトセラピー等を考えてはいかがですか。
一度相談にお越しください。相談料は1000円です。予約は不要です。
お待ちしております。

この相談が属するカテゴリー

他のお悩み相談へ移動
最上段へ
Copyright© 2013 sakane-clinic All Rights Reserved.